勧誘について

最近の傾向は、脱毛サロン、ダイエット、美容エステの大手は勧誘があまりないようです。

あったとしても一度断れば「では考えといてくださいね」とか「また気が向いたら教えてください」とすぐ引き下がるようです。

強い勧誘がないのは、口コミや風評に敏感なのでしょう、汚名がついてしまったら商売になりません。

勧誘が心配な方は大手エステの体験キャンペーンを選んで見るのが良いかもしれません


アドバイス

真剣にエステを利用しようと考えて体験コースの試しているのでなければ、カウンセリング中であっても必要以上の情報を口にしないことが重要になります。

仮に「安定した企業に勤務中」や「実家暮らし」のような内容を伝えた場合、エステティシャンは「余剰資金がある」と見なし、特に勧誘の対象として接してきま す


もし強く勧誘されたら・・

勧誘にあった時の断り方

1.「経済的に無理」
    お金がないことを伝えます。分割や、ローンの話を出してくる人もいるので、その時は「無職です」と一言。
   (注)申し込み時に、またカウンセリング時に「無職」「専業主婦」であることを伝えておくこと。

2.「一人で決断できないことを伝える」
    お金は旦那さんが管理していることにすれば相手も強く言えないでしょう。
    未婚の方も気にせず使ってみましょう。

3.「理由を言わずに断る」
    理由を言えばそれに対しての新たな勧誘方法で迫られますから、余計なことは話さずに
    「申し訳ないのですが、契約しません」という思い切って断ったほうがいいでしょう。
    何か言われたら、「検討したいので持ち帰らせてください。必要であれば再度連絡します」と言いましょう。

4.「他店と比較」
    「他のサロンも試してみたいので今日は契約しません、検討したいので料金表を持って帰ります」と伝えれば相手もひかざるおえないでしょう。


[戻る]